2006年01月15日

遅ればせながら

2005年3月、お遍路中に出会ったワンコ。
henro-dog.jpg

あけましておめでとうございます。
ここを読んでる人がいるのかどうなのかも
不明ですが一応ご挨拶を。

大人になると年賀状を早めにちゃんと出す
という基本的動作すらできなくなってくる訳なんですが。
もちろん私もその一人です。
だから元旦に届く年賀状を見ると
尊敬の念を抱かずにはいられないのです。

今年の元旦に届いた年賀状は
全てこのお遍路で出会った方ばかりでした。
これってすごいなーって感心して。
今の私はいけんなーって反省して。

年賀状を下さった皆様、どうもありがとうございました。
一期一会、皆さんとの出会いは私の宝物です。

中でも一番感動したのは、年賀状を出すのが遅くなったからと
封書で手紙を送って下さった名古屋のおじさま。
お遍路で辛い道中に聞いた夕方5時の音楽「夕焼け小焼け」をきっかけに
三味線の習い事を始めたそうです。
そしてお手紙にはその三味線の会にてでしょうか、
紋付袴姿のすごくかっこいいおじさまの写真が添付されていました。

傍から見れば
「歩くだけなのに何がそんなに楽しいの?」
「その旅に一体どんな意味があるの?」と思うでしょう。
でも、その旅をした人の何かを確実に変えてゆく、
心の中に何かを宿らせる、お遍路ってそんな旅なんだなと
お手紙を読み、つくづく思いました。

私は、実生活に追われていて更新もできず、お遍路の続きもできずと
フラストレーションが溜まりつつありますが
今やるべきことをがんばっていきたいと思います。
そうすればいつか道が開けると信じてるから。
posted by umi at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ザッキ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。